FC2ブログ

 

大好きな女の子・ノーマルCP(同人要素含む)のイラスト・小説を書いたり、本の感想などを書いてるブログです。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
この思いはきっと届かない
一喜一憂しているあなたの前にはいつも兄がいる。

この思いはきっと届かない (片恋の苦しみで5のお題

青エクで雪→しえでお題を借りて描いてみました。
片恋って切なくて、でもそれゆえにときめきを覚えます!
雪しえ最近マイブームです。
燐を見守るしえみを見るたびに切なくなってるのに、燐みたいに素直に感情も出せずに我慢してるのかと思うと、うおおぉゆきおおおおぉ(床ごろごろ)となります。

続きも雪→燐しえで片恋お題のSSです。 

more


「さーてと今日も疲れた~!」
「でも燐、途中寝てなかった?」
「う・・・すっ睡眠学習ってやつだよ!」
「もー燐ってばしょうがないなぁ」

あせる燐を見てしえみはクスクスと笑う。

「あれ?これ雪ちゃんの忘れものかな」

授業の後、教台に置いてある教材を見つけたのはしえみだった。
次に授業もないしわざと置いていったとも思えない。

「忘れ物なら届けなきゃ!」
「雪男どこにいるのか分かるのか?」
「えーと・・・塾内のどこか!・・・にまだいるかな」
「頼りねーなぁ・・・しょうがねーから俺も付き合ってやる」
「ほんと!?よかったぁ一人だと迷子になるし」
「迷子決定事項かよ!!」


廊下の方から楽しそうな声が聞こえる。
雪男の耳に入ってくるのは兄・燐の声としえみの声。
燐としえみの声が近づいてくると、思わず雪男は顔を伏せ寝たふりをした。

「おっあれ雪男じゃねーか。おーい雪・・・」
「しー!燐しー!」

雪男の姿を見つけて呼ぼうとした燐の口をしえみが手で塞ぐ。

「にゃにするんらほ・・・」
「雪ちゃん寝てるよ、静かにしなきゃ!きっと疲れてるんだよ寝かせておいてあげよう?」
「なんか俺と雪男で態度ちがわねーか・・・?」
「燐は疲れてないでしょ。さっきまで寝てたんだから」
「途中起こしたじゃねーか!」
「せっかく雪ちゃんが授業やってるのに聞かなきゃだめだよ」
「・・・あいつの話眠くなるんだよ」
「もー燐ってば・・・あとでノート見せてあげる」
「おっサンキュー!」
「じゃあ忘れ物はここに置いておいて帰ろうか」
「途中で何か食っていこうぜ!」
「うわあぁ寄り道だね!ドキドキするなぁ」


二人の声が遠ざかっていくのを確認した後、雪男はそっと顔を上げた。
最近、塾に通い始めたしえみは今まで見せたことのない表情をするようになった。
明るくなり笑顔も増えている気がする。
その笑顔を見るといつもほっとし、そして心の拠り所になっていた。
しえみが怒ったり感情的になったりするのも先日初めて見た。
どれもこれも兄絡みで見せる表情だった。
塾に行くまでしえみは外に出ない生活だったので、店に行く時にだけ会えた。
そしてとても嬉しそうに、そして恥ずかしそうに雪男を迎えてくれた。
自分自身が彼女にとって特別な存在のような気がして嬉しかった。

だが今はしえみと会えるのは雪男だけではない。
笑顔が向けられるのも、一緒にいられるのも。

(そんなことを寂しいと思うなんて・・・言えない)

寂しい気持ちは表に出せない (片恋の苦しみで5のお題


この三角関係はたまりません・・・!!双子→しえみがツボすぎます。
その中でもやっぱり燐しえ←雪がツボですね~
雪男の片恋たまらん!!あの切ない表情たまらん!
個人的には雪男の恋を応援しております!一度幸せそうな雪しえを描いてみたいです。
スポンサーサイト

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 &U, all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。